市販の薄毛対策シャンプーおすすめランキング5選│効果的な使い方やマッサージ法

市販で気軽に手に入る薄毛対策のシャンプーは、何がおすすめか気になりますね。ドラッグストアで購入できる市販品は、比較的安価でお手頃なシャンプーが多く、長期的に使い続けることを考えると、選択肢に入れたいものです。

しかし頭皮との相性もあるため、ベストなものが見つけられるかは、使ってみないとわからないです。また、薄毛との因果関係はシャンプーだけでなく、生活習慣や食事、加齢など、様々な要因が考えられます。

そこで、薄毛改善シャンプーと言われているものの有効成分や主成分について。そして、少しでも効果的に使うためにマッサージ法など、知っておくと便利な豆知識を織り交ぜながら、おすすめできる市販品の薄毛シャンプーをランキング形式でお届けします。

目次

男性の頭皮を救済する市販の薄毛対策シャンプーはある?

市販薄毛シャンプー

男性の悩みのひとつである、薄毛を改善するシャンプーについて、基本を押さえておきましょう。

普通のシャンプーと薄毛に効果的なシャンプーの違い

普通のシャンプーと薄毛に効果があると言われているシャンプーの違いはご存知ですか?

普通のシャンプーと育毛シャンプーと呼ばれているジャンルには大きな違いがあります。

例えば、普通のシャンプーはシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの2タイプがあり、さらにはアルコール系や石鹸系の成分をメインで使っているため洗浄力も強めです。

洗浄力が強いシャンプーは、しっかり洗えている感じはしますが、頭皮や髪に与えるダメージも多くなります。そのため、育毛シャンプーと言われているものは、アミノ酸系、ベタイン系と呼ばれる洗浄力が弱く、頭皮に優しいシャンプーです。

そのほか、育毛シャンプーには、血行促進成分や毛母細胞の活性化、炎症を抑えるコンディション成分や髪の毛の素材となる成分などを配合しています。すべての成分が配合されているわけではなく、一部のみ(血行促進成分のみ)使われているなどあります。

普通のシャンプーには、育毛成分が入っていないことが多く、必要ならば別で摂取する必要があります。

さらに頭皮にダメージを与える添加物など、育毛シャンプーには使われていないケースもあります。

普通のシャンプーには、保湿やダメージ修復期間を与えるためのコーティングなどあったりするため、製品設計の思想が異なります。

薄毛に有効なシャンプーは街のドラッグストアで手に入る市販品

ドラッグストアで、薄毛に有効なシャンプーは入手できます。さらに1,000円以下というような低価格帯のシャンプーは、少ないながらもあります。ただ、薬用シャンプーと名乗っているだけで、洗浄力が強い成分を使っているなど、課題が残ります。

大手ドラッグストアの通販サイトを見てみると、スカルプシャンプーに分類されているアイテムもいくつか見つけられます。ボトル商品が少し高くても、詰替え用を選べば、通常の20%~30%程度安く入手できることになります。

それぞれの育毛シャンプーについて、どういった設計をなされているかは詳しく見ていく必要がありますが、少しでもコストを押さえて使いたい人にとって、良いものが見つけられそうです。

薄毛にいいシャンプーは通販専売品がベター?

ドラッグストアのスカルプケアシャンプーを見ていると、金額は安いものの通販品の方がわかりやすく厳選された成分を多数使っているため、魅力的に映ります。

いかにも良さそうな天然成分の植物エキスや肌用の化粧品にも使われるような美容オイルなど配合されており、髪が喜ぶ成分が多く含まれています。

もし、月に3,000円~4,000円程度の金額をシャンプーにかけられるのであれば、通販品をおすすめします。

薄毛対策シャンプーは何を基準に選んだらいい?有効成分に注目!

薄毛対策シャンプー

ドラッグストアの薄毛対策シャンプー(いわゆるスカルプシャンプー)は、どういった点を見て選ぶのがベストなのでしょうか。

育毛シャンプーと言われる理由を知っておくといいし、有効成分や厳選成分に着目し、どのような働きを持っているか知っておくと自分にとって必要かそうじゃないかが見えてきます。

センブリエキスやショウガエキスなど血行促進成分

スカルプシャンプーの多くには、血行促進効果を持っている成分が配合されています。

よく見るのはセンブリエキス、ショウガエキスなど、血行促進効果を持つ成分です。

センブリエキスは、有効成分として分けて記載されていることもあるため、発見しやすいでしょう。

育毛に必要な栄養は、血液に乗って頭皮に運ばれます。そのため、頭皮から血行促進の成分が浸透することによって、食事で摂る以上にダイレクトに作用します。

アデノシンなどの毛母細胞の活性化

髪は、毛母細胞の働きが活性化することで、成長します。毛母細胞を活性化させるための成分が育毛剤に入っていることもあります。代表的な成分としては、アデノシンです。

アデノシンなど、毛母細胞を活性化させる成分を配合している育毛シャンプーは少ないですが、見つけたらチェックしておきたいアイテムのひとつです。

しかしシャンプーの場合は、有効成分があったとしても、洗い流します。そのため、少しでも取り入れたい場合は、ヘアパックをしてみると良いでしょう。その場合、頭皮に負担のある成分は使ってないことが基本となります。

ヒアルロン酸などの頭皮の潤い成分

頭皮が乾燥してしまうと、育毛しやすい環境から遠のいてしまいます。そのため、ヒアルロン酸やアロエエキスなどの保湿成分を配合しているシャンプーもあります。

保湿成分や潤い成分は、ほかの有効成分と異なり聞いたことあるような成分名が多いので、見分けはつきやすいです。

グリチルリチン酸ジカリウムやヒノキチオールなどの炎症抑制成分

どんなに育毛効果が高いシャンプーだったとしても、使い続けられなければ意味がありません。

薄毛改善シャンプーに対するクレームの多くは、効果が実感できなかったという意見以外に、肌に合わなかった、荒れてしまった、かゆみが出たなど、生活する上で困るような症状が出ることがあります。

敏感な頭皮をお持ちの方は、育毛シャンプーに含まれている有効成分が強く働いてしまい、頭皮トラブルが起こってしまった。という可能性も十分に考えられます。

そのため、炎症抑制成分や抗炎症成分と呼ばれるものが配合されています。ヒノキの精油から発見されたヒノキチオールは、安全性も高く、抗菌作用や抗炎症作用を有しているため、使われている薄毛改善シャンプーもあります。

また、グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2Kという表記もある)は有効成分として抗炎症作用として書かれています。グリチルリチン酸ジカリウムは、頻繁につかわれているため、見たことあるという人もいるでしょう。

アミノ酸系やベタイン系などの優しい洗浄成分

育毛シャンプーと通常のシャンプーの大きな違いのひとつとして、洗浄力が優しいと言われている、アミノ酸系やベタイン系と呼ばれている洗浄成分が多く採用されています。

アルコール系の洗浄成分は強く、余計な皮脂を洗い流し、必要な常在菌まで殺してしまいます。すると頭皮の環境が悪化することもあるため、頭皮が荒れてしまうことも考えられます。

洗浄力が優しいシャンプーは、最初に十分シャワーで濡らしてホコリやゴミを取り除いた方がよく、さらには二度洗いするように書かれているものもあります。

また、頭皮を傷つけないようにするため、ゴシゴシ洗うのではなく、優しく洗うように心がけてください。

頭皮にダメージを与える添加物が使われていないこと

普通のシャンプーや安いシャンプーには、使われていることも多い、頭皮や髪にダメージを与える添加物が使われていないことが重要です。

特に、シャンプーのあとのすすぎが不十分だと、泡などは洗い流せていても成分が頭皮や髪に残り続けます。これが頭皮にダメージを与える原因です。

敏感な人は、シャンプーに採用されている添加物でも荒れてしまいます。保存料や合成香料など不使用と明記されているシャンプーを使うのをおすすめします。

ドラッグストアなど市販で手に入る薄毛対策シャンプーベスト5

ドラッグストア

ドラッグストアで入手可能な薄毛対策シャンプーを見ていきましょう。今回、ランキングを作成するにあたって、価格帯は2,000円以下としました。

3,000円を超える商品は、通販品でも多く、わざわざ市販品を購入するメリットが薄くなります。

金額だけでなく、使用されている育毛に効果のある有効成分や洗浄力(アミノ酸系やベタイン系であることが条件)、保湿や乾燥を防ぐ要素など、多角的に評価しました。

あらかじめ知っておいてほしいのは、ランキングが上位だからといって効果があるかはわかりません。というのも、その人の頭皮や生活習慣の状況によって、効果のあるなしは変わってきます。あくまでも、薄毛に効果のある設計と金額で、良さそうという指標にしていただければと思います。

また、スカルプシャンプーの価格に関しては、お店によって異なります。今回参考にしたのは、大手ドラッグストアの通販サイトに掲載されている商品の価格です。

\編集部注目の薄毛シャンプー/

東大医師発の男性用メディカルヘアケアSui+

1位:オーシャントリコシャンプー

オーシャントリコシャンプー

ドラッグストア等で手に入る、薄毛の頭皮に配慮したスカルプシャンプーの中でも、コスパ良好かつ設計思想もサロンで使われるような洗浄成分、そして、美容成分等が多く配合されているのが、オーシャントリコシャンプーです。

アミノ酸系の洗浄成分とベタイン系の洗浄成分が使われており低刺激なので、頭皮に優しい。二度洗い設計をしていると思われるため、400mlと容量は多いが、2ヶ月程度は持ちます。

市販品の中で、おすすめできるシャンプーのひとつです。

【商品詳細】
●商品名:オーシャントリコシャンプー
●メーカー:オーシャントリコ
●内容量:400ml
●価格:1,650円(税込)
●主な洗浄成分:コカミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNaなど計5種
●ピックアップ成分:アルギニンを始めとする11種類のアミノ酸、水溶性プロテオグリカンなど

オーシャントリコシャンプー公式サイト

2位:アンファー スカルプD NEXT プロテイン5 シャンプー

アンファー スカルプD NEXT プロテイン5 シャンプー

スカルプシャンプーの研究を長年続けているスカルプDブランドのこれから頭皮ケアをはじめたい入門モデルのスカルプシャンプー。

アミノ酸系の洗浄成分を活用し、サルフェートやシリコン、パラペン、鉱物油、合成着色料など、負担のかかる成分は不使用という設計は頭皮にとって嬉しい。

髪の成長に関係するアミノ酸群やグルコン酸亜鉛を配合し、比較的安価な育毛シャンプーの中で、限界にチャレンジしている感じです。

【商品詳細】
●商品名:スカルプD NEXT プロテイン5 シャンプー
●メーカー:アンファー
●内容量:350ml
●価格:1,986円
●主な洗浄成分:ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン
●ピックアップ成分:ヘアプロテイン5(グルタミン酸、アルギニン、トレオニン、セリン、ジメチルジアセチルシスチネート)、グリチルリチン酸2K、グルコン酸亜鉛

アンファースカルプD公式サイト

3位:ウル・オス 薬用スカルプシャンプー

ウル・オス 薬用スカルプシャンプー

パラペンやシリコン、着色料や合成香料などを不使用にしたこだわりのスカルプシャンプーです。

育毛剤にも入っているグリチルリチン酸ジカリウムやアクネ菌を抑制するシメン-5-オールが配合されており、清潔な髪を維持する設計がなされています。

洗浄成分はアミノ酸系が中心で、メントールも配合されているため、清涼感が得られます。

【商品詳細】
●商品名:ウル・オス 薬用スカルプシャンプー
●メーカー:大塚製薬
●内容量:300ml
●価格:1,650円
●主な洗浄成分:ラウロイルアスパラギン酸Na液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液ほか
●ピックアップ成分:シメン-5-オール、グリチルリチン酸2K

ウル・オス 薬用スカルプシャンプー公式サイト

4位:カロヤンプログレ 薬用スカルプシャンプー

カロヤンプログレ 薬用スカルプシャンプー

育毛剤で有名なカロヤンシリーズの薬用シャンプーです。金額は安いのが魅力で、ビタミンE誘導体やグリチルリチン酸ジカリウムが配合されているため、血行促進作用が期待できます。
ピロクトンオラミンが殺菌薬として使われているため、フケの解消に効果的な設計です。

刺激がある成分がいくつか配合されているため、量をコントロールするか、すすぎ洗いを入念に行いましょう。

【商品詳細】
●商品名:カロヤンプログレ 薬用スカルプシャンプー
●メーカー:第一三共ヘルスケア
●内容量:300ml
●価格:1,188円
●主な洗浄成分:ラウロイルメチル-β-アラニンNa液、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液ほか
●ピックアップ成分:トコフェロール酢酸エステル、グリチルリチン酸2K、ピロクトンオラミン

カロヤンプログレ公式サイト

5位:ハツモール 薬用スカルプシャンプー

ハツモール 薬用スカルプシャンプー

ハツモール 薬用スカルプシャンプーはアミノ酸系の洗浄成分や育毛剤にも使われる有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。さらに、ピロクトンオラミンによる殺菌作用があるため、フケの発生やアクネ菌などの悪い作用をする細菌の発生を防ぎます。

設計としては、薬用シャンプーということもあり、刺激的な成分が一部使われているため、しっかりと洗い流しましょう。

【商品詳細】
●商品名:ハツモール 薬用スカルプシャンプー
●メーカー:田村治照堂
●内容量:300ml
●価格:1,980円(税込)
●主な洗浄成分:ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンNa
●ピックアップ成分:ピロクトンオラミン、グリチルリチン酸ジカリウム

ハツモール公式サイト

シャンプーのやり方!意識することで育毛効果を期待

シャンプーやり方

シャンプーの仕方を意識したことはありますか?

毎日行う習慣になるため、少しでも効果的な形になるようにシャンプーを行いたいですね。

シャンプーの基本は頭皮を優しく扱い、泡の力で汚れを落としていく洗い方です。指の力でゴシゴシ洗うと頭皮にも髪にも刺激を与えるため、シャンプーする前に準備が必要です。

櫛やヘアブラシを活用し、髪を整えます。これは、シャワーでの流水で汚れを落とす際に、ホコリや汚れを落ちやすくするためです。十分な時間、お湯洗いした後に、育毛シャンプーを手に取り、しっかり泡立てます。

液をそのまま髪につけて、洗いながら泡立てる方法は、髪にも負担がかかるため、あまりおすすめしません。

ふんわりした泡で撫でるように頭皮や髪につけます。その際に、指の腹を使って頭皮マッサージを行うと効果が高まります。

その後、有効成分を浸透させるために、ヘアパックをして2~3分置きます。この際に、刺激の強いシャンプーだと、頭皮に刺激を与えてしまうため、ヘアパックができないようなシャンプーは、そのまますすぎ洗いしましょう。

すすぎ洗いは、泡が流せたら終わりではなく、成分も洗い流すために、洗髪にかけた時間の3倍程度の時間、シャワーで洗い流してください。

最後に、ドライヤーで髪を乾かすわけですが、熱風なら、できる限り離してあげて乾かすか、冷風で乾かしてください。

熱すぎるドライヤーの熱は、頭皮へダメージを与えるため、おすすめしません。ドライヤーにまでこだわってください。

薄毛にいいシャンプーの効果的な時間帯

シャンプーのやり方の次は、シャンプーをする時間帯です。髪を洗う時間帯は、夜という人もいれば、朝に洗いたいという人もいます。

育毛の観点から効果的な時間帯はあるのでしょうか。

育毛にいい生活習慣を見直すきっかけにもなると思いますので、参考にしてください。

就寝前のお風呂はきっちり湯船に浸かる。血行促進が育毛の鍵

髪が成長するのは、深夜の寝ている時間帯です。そう考えると、朝にシャンプーを行うより、夜の睡眠を大事にし、回復する時間を効果的に活用したいところです。

頭皮に脂が詰まっていたり、汚れていたりすると髪の成長を阻害する要因となってしまいます。そのため、就寝時には綺麗にし、髪が成長する栄養や血流が十分であることが望ましいです。

そのため、就寝前の入浴はできる限り行いたいところ。シャワーで済ませるのではなく、湯船をきっちり沸かして、入浴すると全身の血行が良くなるため、育毛にとってプラスなことが起こります。

二度洗いは優しいシャンプーで!

育毛シャンプーでよく使われるアミノ酸系やベタイン系のシャンプーは、二度洗いが基本と言われています。

一度目は全体的な汚れを落とし、二度目は綺麗な頭皮にマッサージを施しながら有効成分を浸透させていくというイメージです。

洗浄力が強いシャンプーでは、二度洗いは頭皮に負担がかかってしまうため、やらない方がおすすめですが、優しい洗浄力のシャンプーだからこそできるのです。

朝のシャンプーは髪の毛にはダメ?

入浴やお風呂は夜より朝の方が好きということで、朝シャン派の人もきっといるはず。

しかし、朝シャンは薄毛になる、ハゲるという噂もあります。また、髪に良くないことを知らずに朝シャン派の方もいるでしょう。

朝シャンのメリットは、寝汗も流せるし、寝癖も直せる、血行が良くなり目が覚めるというメリットも存在するため、悪いわけではありません。

しかし、朝シャンは大きなデメリットがあるのをご存知でしょうか。

それは、貴重な朝の時間は、バスタイムも雑になりがちで、シャンプーによる洗い残しや十分なすすぎの時間が取れないため、シャンプーの洗い流したい成分が残ってしまうこともあります。

さらにお風呂から上がった後に、ドライヤーで乾かすのが不十分になったり、濡れたまま外出して、菌が繁殖しやすい状態を作ってしまったりと、メリットよりデメリットの方が大きいです。

朝シャン派の方は、十分な時間をとって、髪に対して良いことをすべてやってあげましょう。

洗い過ぎは逆効果!必要な常在菌も流してしまう

一日の中で一回だけでも、二回以上だったとしても、洗い過ぎは注意です。就寝前に髪を洗い、朝にもシャンプーを行うとなると、短時間で二回ほど洗うことになります。

そうすると、髪の地肌を守る役割を持つ皮脂がなくなってしまい、さらに皮脂を分泌しようと生理機能が働きます。

さらに、髪にとっていい常在菌も洗い流してしまうことに繋がります。

アミノ酸系やベタイン系のシャンプーは優しいため必要以上の皮脂や常在菌は落ちないと考えられます。それでも、頭皮をゴシゴシ洗うと、マイナスな状態に傾くため、優しく丁寧に洗いましょう。

薄毛に使えるシャンプーで毛根が喜ぶ頭皮環境へ!

薄毛に使えるシャンプー

薄毛の方が喜ぶシャンプーは、市販品のものでもいくつかあります。金額が高くなればなるほど、有効成分や地肌が喜ぶエキスやオイルが使われているため、健康的な頭皮環境が作り上げられます。

ドラッグストアなどで買える市販のシャンプーの中で2,000円を切るアイテムだったとしても、育毛剤で使われるような成分やアミノ酸系、ベタイン系の洗浄成分が採用されており、強い刺激を与えずに頭髪を洗えます。

どういったシャンプーを使うかも大事ですが、それ以上に洗い方や頭皮マッサージなどを併用することで、元気な髪に近づいていくでしょう。

\スマホでオンラインAGA診療が出来る/